広島のデイサービスなら楽園 > ブログ > はじめまして、愛してます

はじめまして、愛してます


とてもいい物語。
簡潔に内容を書くと、特別養子縁組をしようとする夫婦と子供が「新しい家族」「新しい関係」をつくろうとする物語。
このドラマは、家族やいろんな関係に苦しむすべての人に見ていただきたい。
特に、遺伝子的に親子だからとか、一緒に住んでいるからとか、食わせているからとか・・・・・家族を自明のもの、当たり前のものと思い、深く考えていない人には見ていただきたい。
家族は、そんなに自然なものではない。
しっかり話をしなければ他人だし、遠く離れれば他人になっていくし、気持ちと時間のかけないと無関係になっていく。
逆に、他人でも、しっかり話をし、近くにいて、気持ちと時間をかければ、家族になっていく。
同じ家にいるから家族なのではなく、気持ちがつながっているから家族なのだ。
私は、同じ家にいながら、無関係な、気持ちのつながりのない家族らしきものに毎日のように会う(笑)
まさに、内実のない「らしき」ものだ。
それを、内実のあるものにするには、膨大な気持ちと時間がかかります。
このドラマは、そんなことを教えてくれます。
親が、70代、子供が40代でも、「はじめまして」みたいな家族が多いです。

main広島ブログ



コメントをどうぞ

CAPTCHA


▲ページの先頭へ戻る