広島のデイサービスなら楽園 > ブログ > 愛国心に気をつけろ

愛国心に気をつけろ


私は、昔、鈴木邦男氏に会ったことがある。
そのころ、鈴木氏は新右翼だったが、とても腰が低くて優しくて、素敵な人だった。
新著では、右翼だった鈴木氏が「愛国心に気をつけろ」なんてタイトルで語っている。不思議だ。
しかし、私も愛国心には気を付けた方がいいと考えている。
一つ目の理由は、私にも愛国心があるが、それは自発的なもので、憲法に書き込んだり、政治家が押し付けるようなものではないということ。
日本の文化伝統を愛しているが、国家にそれを押し付けられるのは嫌だ。
そんなことをされたら、愛したくなくなっていく。

二つ目の理由は、愛国心があるからこそ、他国の人の愛国心を同じように尊重することが大事だということだ。
愛国心を掲げて、他国を非難ばかりするのは嫌だ。
私にとって日本の美徳は、自分を露骨に誇るのではなく、他国を叩くのではなく、何ともいいようのない「品」のようなものを漂わすことだ。
例えば、イチロー選手や内村選手やバトミントンの松友ペアから感じるようなものだ。
私は日本のああいう言葉にしにくい空気感が大好きだ。
ただ勝負に勝つだけではなく、相手を叩きのめすのではなく、自分を鍛え、克己し、その結果、とてつもない領域まで行ってしまうのだ。
これこそ、私は「大和魂」ではないかと思います。

私は、愛国心の強制や、他国を叩くことは下品であり、賛同することはできません。

無題広島ブログ



コメントをどうぞ

Spam Protection by WP-SpamFree

▲ページの先頭へ戻る