広島のデイサービスなら楽園 > ブログ > 父親のような人生だけは嫌だ

父親のような人生だけは嫌だ


この言葉を日常的に耳にする。
これは、引きこもり本人がよく口にする言葉だ。
これが意味する内容は「父親のように、仕事ばかりして、外面がよく、家では無能で、親としてはどうしようもない人間にはなりたくない」ということだ。
これは、子供からだけの意見であるが、納得できること部分が多い。
私が父親と面談しても、同じように感じる。
当事者意識はないし、自分で考えないし、温かさを感じない人も多いし、面談中も発言がない。
要するに、子供をなんとかしようという気迫を感じないのだ。
こんなことは、同じ家にいる子供の方が深く感じているだろう。
子供のころから、父親をずっと見ていて絶望しているのだ。
苦しい時も助けてくれないし、関心も持ってくれないし、そんな人間になりたくないのもある意味当然なのだ。

無題


広島県広島市 ブログランキングへ



コメントをどうぞ

CAPTCHA


▲ページの先頭へ戻る