広島のデイサービスなら楽園 > ブログ > 宮本武蔵語録

宮本武蔵語録


宮本武蔵から学ぶべきことは、彼がいつも命がけだったことだ。
ここが大事。
ここだけつかめば、彼のすべてがつかめる。
自分がやろうとすることに命をかければ、ほとんどのことは実現できる。(初めから不可能なことは除く)
私は、これを引きこもり家族に見る。
親が、本当に命がけなら、必ず解決する。
これは経験上、間違いない。
命がけの両親は、面談をすれば、すぐにわかる。私が斬られそうになるのだ(笑)
いつも刀を研いで、鍛錬しているのはすぐにわかる。
そうでない両親もすぐにわかる。こんなことは子供にもわかる。
「あっ、今のままでいいんだ」と子供に思わせる両親では、それまでだ。
引きこもりを解決できる両親は、どんどん変わる。どんどん自分たちを刀のように研いでいく。
面談が、命がけの闘いのようになるのだ。

無題

広島ブログ



コメントをどうぞ

CAPTCHA


▲ページの先頭へ戻る