広島のデイサービスなら楽園 > ブログ > 目の前に白い膜がはっていた日々

目の前に白い膜がはっていた日々


私の20代はずっと目の前に白い膜がはっている感じだった。
世界の輪郭はぼやけ、ハッキリとは見えない。
いつも、頭の中に霧というか靄というか・・・・・いつも混濁していた。
とにか20代は辛く、長かった。
今は、世界がハッキリ見える。とてもクリアだ。
頭の中も整理されているし、世界がとても美しく感じる。
このことだけでも、とても幸せだ。
お金や物があっても、白い膜がはっている感じではどうしようもない。
今は、空気の流れまでも見える感じだ(笑)
白い膜に覆われていた時代があったから、今がある。
あの時代があったから、今が幸せなのだ。
今、同じような状況にある方は、ずっとその状況が続くわけはありません。
いつか世界が綺麗に見える日が来ると信じて生きて下さい。

09e54f14907fa19f4f91f48ab3cdff45


広島県広島市 ブログランキングへ



コメントをどうぞ

CAPTCHA


▲ページの先頭へ戻る