広島のデイサービスなら楽園 > ブログ > 親が子供を考えなくさせている

親が子供を考えなくさせている


引きこもり相談に応じていると、このことを深く実感する。
ほとんどの家庭で、親が子供の思考力を奪いながら、「なぜ、自分で考えないのだろう?」と言っている。
まさに喜劇だ。
親が子供の人生を誘導したり、決定したりしながら、自分で決められないとか、自分で決めたはずなのに何の不満があるのかわからないなんて言うケースもある。
親が衣食住をふんだんに与えながら、自立しないことを嘆く親もいる。
両方とも、どうしようもなく親が悪いのだ。
子供が、考えなくていい環境、自立しなくていい環境を親自身が作り出し、自分で悩んでいるだけだ。
人間は、厳しい環境にない限り、自分で考えたり、自立しようなんて思わない。
親が守り、道を決めてくれ、衣食住完備の生活で、自分でどんどん人生を切り開いていく方がおかしい。
親自身が、子供をどんどん悪い方向に導いているのだ。
これを自覚し、変えないかぎり、みんな年老いていくだけだ。
そして、時間切れが近づいていく。

2016072516090000


広島県広島市 ブログランキングへ



コメントをどうぞ

CAPTCHA


▲ページの先頭へ戻る