広島のデイサービスなら楽園 > ブログ > カントに学ぶ   甲田純生(哲学者 広島国際大学准教授)談

カントに学ぶ   甲田純生(哲学者 広島国際大学准教授)談


甲田先生の談話が、中国新聞にのっていた。
その中で、カント(哲学者)の物事を正しく思考する方法について話されていた。
それは
1、自分で考える
2、相手の立場に身を置いて考える
3、自己矛盾なく考える

      の三つだ。
単純なことだが、なかなかできない。
これを引きこもり相談にくるご両親に当てはめてみると、
1、自分で考えないで、私に教えてもらおうとしたり、丸投げする
2、子供の立場に身を置いて考えない
3、親の方が矛盾に満ちている。
  (例えば、子供が話しかけてこないといいながら、自分も話しかけてない)
今、いろんな困難に直面している方、この三つを考えてみて下さい。
え?どう考えればいいって?それは自分で考えるんですよ(笑)

無題


広島県広島市 ブログランキングへ



コメントをどうぞ

CAPTCHA


▲ページの先頭へ戻る