広島のデイサービスなら楽園 > ブログ > 面接の変人 2016年版

面接の変人 2016年版


これは面接の達人ではない。私版「面接の変人」である(笑)
これから、私流の面接の極意、就活の極意を箇条書きしてみる。
むちゃくちゃであるが、効果があると思います。
1、面接とは、優秀な人をセレクトするものではなく、面接者が一緒に働きたい人をセレクトする場である
  自分の優秀さを見せびらかそうという人は話にならない。
2、自分で自信を持てる武器を一つ持とう。
  使えない武器、使えない資格は無意味。
3、正規社員だけを目指さず、アルバイトからスタートしよう。
  その場合、経営陣から見えるくらいの小さな会社がいい。経営陣に認められたら、即日正社員になれる可能性大。
4、アルバイトで入っても、社長より働く。
  見てもらおうなんて下心なしで、懸命に働こう。
  それが見抜けない経営陣しかいない会社は辞めて、ほかの会社に行こう。
みんな、自分がいかに優秀か、やる気があるかを誇示し、正社員ばかり目指そうとする。
これでは、競争率が高すぎる。
そうではなく、面接官が面接しやすい、面接官が快適な面接をできるように協力しよう。
面接官は、お客様だ。
これが面接の変人の極意です(笑)

CA390002

広島ブログ



コメントをどうぞ

CAPTCHA


▲ページの先頭へ戻る