広島のデイサービスなら楽園 > ブログ > 学力の経済学

学力の経済学


昔は、学力、勉強によって、自分の人生を変えることができた。
貧しくても、頑張れば、社会の上の方にいくことができ、金持ちにもなれた。
もちろん、それは今でも可能だが、どんどん難しくなっている。
私の実感でも、金持ちの子供は、小さいころから塾や家庭教師をつけてもらえ、どんどん成績が伸び、いい学校に進学できるが、貧乏な家は、「勉強なんかしても無駄」とか「勉強に意味はない」とか言われながら育つケースが多い。
親自体が、勉強してこなかったので、勉強のメリットがわかってないのだ。
最悪なケースは、親が子供に「生活保護を受ければいい」なんて言うケースだ。
これは私が、目の前で聞いたことがあるので間違いない。
今の日本は、親の経済力で、子供の学力がかなりの部分が決まる。
どんなに頑張ろうと思っても、どうにもならない社会になっている。
この点はなんとか政府の力で、機会の均等を図るような政策を手厚くやらないと、日本がどんどん分断してしまう。
希望をなくした人々が大量にでてくることを防がなければ、日本はどんどん不安定になると思います。

無題


広島県広島市 ブログランキングへ



コメントをどうぞ

CAPTCHA


▲ページの先頭へ戻る