広島のデイサービスなら楽園 > ブログ > 総理

総理


私は、どんな人物でも、総理という職に就く人を尊敬している。
もちろん、いろんな政策にすべて賛成だとか反対だとかということではない。
「国家」を一人で背負おうと考える人を尊敬するのだ。
おそらく、私が今、総理になったら、眠れなくなるし、おかしくなってしまうと思う。
国家全体のことをすべて考え、批判されまくることを考えただけで、震えてしまう。
私は、そんなことを想像しないで、批判することはできない。
これは、オバマもそう、キャメロンもそう、メルケルもそうだ。
みんな、ものすごい重圧の中であがいている。
おそらく、いろんなストレス解消の方法を持ち、なんとかやっているのだろう。
どんな人がなっても、メディアは袋叩きにする。
どんな政策を出しても、反対者はいる。
リーダシップを発揮すれば独裁と言われ、発揮しないとこれまた批判の嵐だ。
麻生太郎氏は言う「総理とはどす黒い孤独を抱える存在だ」と。
この本は、安倍総理が大嫌いな人が読むべき本だ。憎悪している人こそ読むべき本だ。
そして、自分が総理だったらどうするか考えてみてほしい一冊です。

無題広島ブログ



コメントをどうぞ

CAPTCHA


▲ページの先頭へ戻る