広島のデイサービスなら楽園 > ブログ > 思春期は暴れるのが当たり前

思春期は暴れるのが当たり前


暴れるのが当たり前です。
暴れない子供はとても危ない。
暴れないというのは、とても良さそうに見えるが、実は葛藤を隠している。
自分を意図的に抑え込んで、いい子供を演じている場合が多い。
本当は叫んだり、暴れたり、反抗したいのに、親のことを思ったり、親が抑圧的なので逆らえない。
こんな人は、そのストレスが溜まり、だいたい30歳くらいで爆発することが多い。
こうなると、もう手が付けられない。
荒れ狂う竜神のように、両親を吹き飛ばし、壁をぶち壊したりする。
まあ30年間のストレスと考えれば、それも仕方ない。
それをしないと、本人自体が死んでしまう。
こんな状況になると、解決にはとても時間がかかる。
思春期は暴れるのが当たり前。それがなかった家庭では気を付けてくださいませ。

51SpT1wKAPL._AC_UL320_SR228,320_


広島県広島市 ブログランキングへ



コメントをどうぞ

CAPTCHA


▲ページの先頭へ戻る