広島のデイサービスなら楽園 > ブログ > 子育てがうまくいったかどうかは30歳くらいまでわからない

子育てがうまくいったかどうかは30歳くらいまでわからない


これは、ひきこもり相談を受けている実感だ。

いい中学、いい高校、いい大学、いい会社に入ったとしても、いい資格を取ったとしても、それでは判断できない。
なぜなら、そこまでは、受験勉強ができれば、達成できることに過ぎないからだ。
そこまでは、受験勉強ができるかどうかの判断でしかない。
しかし、一番大事なことは、社会の中で生きる力があるかどうかだ。
これがわかるのは、30歳くらいだ。
社会にでて、最初に入った会社で生きていけるか?
転職することができるか?
自分で何かやっていくことができるか? 
親しい友人がつくれるか?恋人がつくれるか?
30歳前後で、どう自分の人生を生きていくか、自分で考えて答えのない問題に答えを出す時がくる。
これは、受験勉強とはまったく違う。
受験勉強は答えのある問題を解く事務処理力を問うにすぎない。
しかし、人生の問題に答えはない。自分の考え、価値観で答えを出す必要がある。
これは、先生にも親にも教えられない。
自分で命を削って考える必要がある。
ここに躓く人が多い。特に受験勉強が得意だった人は危ない。
こんな人々は、事務処理は得意なのだが、自分で人生の「問い」を作ることがまったくできないのだ。
30歳前後まで子育てがうまくいったかどうかわかりません。
逆に、30歳から花開く人も多いです。そんな人は自分でゼロから考える力があるわけです。

16258


広島県広島市 ブログランキングへ



コメントをどうぞ

Spam Protection by WP-SpamFree

▲ページの先頭へ戻る