広島のデイサービスなら楽園 > ブログ > 「元国税調査官が明かす金を取る技術」金は取りやすい所から取る 

「元国税調査官が明かす金を取る技術」金は取りやすい所から取る 


この本には「貧乏人から金を取るのは簡単。金持ちからは困難」と書いてある。なるほど。
貧乏人は馬鹿だから扱いやすく、金持ちは頭がよく知識もあり、税理士や弁護士を雇い防御するので扱いづらい。
だから、消費税をあげて、薄く広く貧乏人からとるのだと書かれています。なるほど。

所得税は以前から考えればかなり下がり、法人税を払う企業はほとんどなく、相続税は贈与の緩和をしたが、消費税からは
逃げられませんね。
要するに「防御方法もなく、馬鹿な貧乏人から薄く広く取るのが消費税」だそうです。

著者の大村大次郎氏は元国税調査官。裏の裏まで知り尽くしてします。

無題広島ブログ
広島県広島市 ブログランキングへ



コメントをどうぞ

CAPTCHA


▲ページの先頭へ戻る