広島のデイサービスなら楽園 > ブログ > 個室の幸せ  個室の不幸せ

個室の幸せ  個室の不幸せ


戦後の日本は、どんどん個室化していった。
子供にはみんな個室を用意した。
みんな、それが幸せだと思ったし、アメリカのようになりたかった。
しかし、その結果、部屋で子供が何をしているのかわからなくなった。
それの極端な状態が、引きこもりだ。

今のマンションは、そんな状態を反省し、リビング重視の設計になっている。
家の中心がリビングなのだ。
リビングにいつも家族が集い、子供たちもリビングで勉強する家が増えている。実に素晴らしい。
社会にも、シェアハウスのようなものが増えている。これも、個室化への反動だと思います。
みんな、個室化で孤独になり、いろんな人とシェアしたいと思い始めたのでしょう。

007

広島ブログ



コメントをどうぞ

CAPTCHA


▲ページの先頭へ戻る