広島のデイサービスなら楽園 > ブログ > 魂の退社

魂の退社


著者の稲垣えみ子氏は、元朝日新聞の記者。
現在は退社して、フリーのライターだ。
そんな彼女は、今、とても面白い生活をしている。
それは、電気をほとんど使わない生活。
使うのは、パソコンとスマホくらい。あとは使わない。
冷蔵庫も電子レンジもない。月の電気代が200円らしい(驚愕)
なぜ、こんな生活を始めたかというと、原発事故がきっかけらしい。
事故をきっかけに、電気の大切さを考えてみたくて始めたとのことだ。
こんな人いいなー。
考えてばっかりじゃくて、やってみる人が大好きです。
朝日新聞の人は頭で考えてばかりと思ってましたが、体で考える人もいるんだと感心しました。

無題

広島ブログ



コメントをどうぞ

CAPTCHA


▲ページの先頭へ戻る