広島のデイサービスなら楽園 > ブログ > ミケランジェロ・プロジェクト

ミケランジェロ・プロジェクト


これは第二次世界大戦中の実話だ。
ナチスドイツが奪った美術品を奪還するプロジェクト。

戦争中に、人類の遺産に関心を持っていた人がいたことに感動し、敬意を覚えた。
ナチスは人類の遺産を破壊したが、それと同時に守ろうとした人がいたことに希望を抱く。
これは、現代も同じ。
いろんなものを破壊する人がいる反面、地味だが守り続けている人が世界中にいる。
人間の希望を必死に紡いでいる人がいる。
破壊は簡単で、一度にすべてを焼き尽くす。
しかし、創造や維持は、本当にちまちました作業だ。しかし、本当はその部分に光を当てなくてはいけない。
そんなちまちました作業にこそ希望は宿るのだ。

poster2


広島県広島市 ブログランキングへ



コメントをどうぞ

Spam Protection by WP-SpamFree

▲ページの先頭へ戻る