広島のデイサービスなら楽園 > ブログ > NHK「昨夜のカレー 明日のパン」        木皿泉作

NHK「昨夜のカレー 明日のパン」        木皿泉作


いいドラマだ。木皿泉さん(脚本家  夫婦二人のペンネーム)の作品はいつも温かい。
このドラマには、大事な人や大事なものを喪失し、苦しむ人々がたくさん出てくる。息子を失った父親、伴侶を失った女性
笑うことが出来なくなった女性・・・・・いろんな苦しみを背負った人々が、お互いに寄り添い生きていく物語だ。
今の世の中、みんな苦しいし、傷ついている。しかし、表面上、明るく振る舞うので、お互いに相手の苦しみが見えない。
社会では明るさが溢れている反面、自室では苦しみや哀しみや孤独が渦巻いている。
ドラマでは、こんな人々が出会うことにより、みんなが癒され再生していくが、現実はなかなか難しい。
みんな表に出てこないケースが多いのだ。みんな出てこなければ、出会い、お互いに癒すことはできないし、同じような苦しみが
世界に溢れていることにも気づかない。

これを解決するのは極めて難しいが、小さなことを毎日積み重ねていこうと思う。

無題広島ブログ
広島県広島市 ブログランキングへ



コメントをどうぞ

Spam Protection by WP-SpamFree

▲ページの先頭へ戻る