広島のデイサービスなら楽園 > ブログ > 推定無罪

推定無罪


推定無罪とは、「何人も有罪と宣告されるまでは無罪と推定される」という、近代法の基本原則である。
しかし、日本でこれが分かっている人は、ほとんどいない。
日本では、報道されたら有罪、逮捕されたら有罪の扱いになっている。
これは、本当にまずい。
報道や逮捕なんて、よくあることだし、これはイコール有罪ではない。
裁判を受けるまで、その人がやったかどうかなんてわからないのだ。
もちろん、例外的に、白昼堂々、衆人環視の中で犯行が行われる場合がある。こんな場合は、誰が考えても有罪だろうが(憲法39条
除く)、それ以外は、本当にわからない。
近代法の基本は、推定無罪なのだ。

日本国民全員がまず、この基本をしっかり理解することが大事だと思います。

無題


広島県広島市 ブログランキングへ



コメントをどうぞ

CAPTCHA


▲ページの先頭へ戻る