広島のデイサービスなら楽園 > ブログ > 同じ屋根の下に住む他人

同じ屋根の下に住む他人


いろんな相談を受けるが、家族とは不思議なものだと思います。
血がつながっているだけで、何の話もしない、何も共感できない人でも家族という。
ただ同じ屋根の下にいるだけで、なんの交流もなく、表面的な会話に終始する場合でも家族という。
実質的には他人なのに、形式的に家族としてふるまう。
なんと不思議なものだ。
内容もない空虚な関係・・・・いや無関係な状態でも家族という。
摩訶不思議だ。

他人のような距離感なのに、同じ屋根の下にいる。これほどの苦痛はないだろう。

Ailife-S-Mmain

広島ブログ



コメントをどうぞ

CAPTCHA


▲ページの先頭へ戻る