広島のデイサービスなら楽園 > ブログ > 上方芸能

上方芸能


中国新聞に木津川計先生が載っていた。懐かしい。
大学で講義を受けたり、上方芸能読んだりしていたので、木津川先生がお元気でうれしい。

今年、5月、上方芸能が200号を機に、終了した。
とても残念だが、木津川先生も80歳。よく、今まで継続できたなと頭が下がります。
この雑誌は、本当に、上方の芸能を下支えした。
落語だけではなく、浄瑠璃や能や狂言もこの雑誌が支えたのだ。

木津川先生お疲れまでした。ありがとうございました。

200広島ブログ



コメントをどうぞ

CAPTCHA


▲ページの先頭へ戻る