広島のデイサービスなら楽園 > ブログ > 昇太落語

昇太落語


春風亭昇太師匠の落語は自由だ。
なんでもありだ。高座で横になったりする(笑) 彼は、師匠の柳昇に自由に育てられた。
若いときは、新作一本で、自分が思う通りに活動してきた。
近年は、古典落語をやるようになり、両輪の活動をしている。
彼の持ち味は、ゆる~い感じだ。何も考えてないような感じが素晴らしい。
もちろん、裏では綿密な計算があるが、それを見えないように落語をする。
古典もきちんとやろんと思えば、朝飯前だ。

彼は落語という箱に、何でもぶち込んでしまう。
もちろん、落語の作法は知り尽くしている方だが、知ったうえで、それをぶち壊す。
立川談志師匠は「昇太はよくわからない。あんなのは認めない」と言っていたが、もしかすると、談志師匠の思考の枠から
出るくらいすごい人物かもしれません。

417+eL0GEOL._AC_UL320_SR176,320_


広島県広島市 ブログランキングへ



コメントをどうぞ

CAPTCHA


▲ページの先頭へ戻る