広島のデイサービスなら楽園 > ブログ > 君はどこにでも行ける

君はどこにでも行ける


私は、堀江氏のはっきり断言するところが大好きだ。
ほとんどの日本人は「ぼやかす」が、彼は明瞭だ。
明瞭だと、単純になるので彼はいつも叩かれる。しかし、彼はくじけない。実に素晴らしい。
この本の結論は、「日本は2流国になったということ」だ。
それをきちんと受け入れて生きていこうということ。
まだ一流だと幻想を持ったり、他国を叩くことなんてやめて、2流の生き方を極めようというもの。
まったく同感である。
大事なことは、幻想を抱くことではなく、事実を見つめることだ。
そこからしか、本当のスタートは切れない。
この結論に拒絶感を持つ人も多いだろうが、事実から目をそらせてはならないと思います。

無題

広島ブログ



コメントをどうぞ

Spam Protection by WP-SpamFree

▲ページの先頭へ戻る