広島のデイサービスなら楽園 > ブログ > 感情の薄い親と話すと絶望的な気分になる

感情の薄い親と話すと絶望的な気分になる


引きこもり相談で、感情の薄い親と話すと絶望的な気分になる。
子供さんが可哀想で、泣きたくなる。
辛さ、しんどさをまったく理解してもらえないだろうなと思い、哀しくなる。
しかし、そんな親は、何もわからない。
そんな親が言う言葉はいつも同じだ。
「子供がわからない」「何も話してくれない」「何がしたいんだといっても答えてくれない」だ。
当たり前だ。
気持ちが理解できない人間に何を話しても無駄だし、感情のわからない人間に何を話しても意味がないからだ。
親が話し相手として、無能だと思われているのです。

何もわかってくれない人に相談する人はいませんから(笑)

無題

広島ブログ



コメントをどうぞ

Spam Protection by WP-SpamFree

▲ページの先頭へ戻る