広島のデイサービスなら楽園 > ブログ > お父さん、口先の言葉を吐くくらいなら黙ってろ

お父さん、口先の言葉を吐くくらいなら黙ってろ


引きこもり相談を受けていると、口先だけのお父さんに会うことが多い。
心配している、考えていると言いながら、実はまったく考えていない。
考えたふりだけしている。悩んでいるふりだけしている。
子供のことで、悩んで眠れなく人は少ない。いつも熟睡している。
面談の最中も、目を閉じて、消極的参加しかしない。
こんな人の言葉はとても軽い。内容がない。
こんな人が息子に話しかけても、まったく響かない。
口先の言葉を吐くくらいなら黙っていろと言いたい。
これは、私が言いたいのではく、子供さんの気持ちだ。
気持ちのない言葉、気持ちのないかかわりなんかいらない。

hqdefault


広島県広島市 ブログランキングへ



コメントをどうぞ

CAPTCHA


▲ページの先頭へ戻る