広島のデイサービスなら楽園 > ブログ > 静かな子供には気を付けよう

静かな子供には気を付けよう


静かな子供は危ない。
これは、静かに過ごすのが好きな子供は危ないという意味ではない。それは個性だ。
そうではなくて、親の意見に同意し続ける子供には気を付けようということだ。
この場合、高い確率で我慢している。自分を抑えている。
親の要望に合わせている。
親の中には、自分の願望を子供に背負わせる人がいる。自分ができなかったことを子供に押し付ける人がいる。
優しい子供ほど、親に忠実だ。
そして、長い月日がたった時にこう言う「私は、自分の人生を歩んでこなかった。全部、あんたたちが決めたんだ。
人生が上手くいかないのはお前たちのせいだ」と。
これは、ほとんど正しい。
こんな逆襲・復讐が30代になったころにやってくる。
自由にさせているようにみせながら、子供を誘導している親御さん、ご注意くださいませ。

無題

広島ブログ



コメントをどうぞ

Spam Protection by WP-SpamFree

▲ページの先頭へ戻る