広島のデイサービスなら楽園 > ブログ > サッカー内田篤人の苦悩

サッカー内田篤人の苦悩


内田選手は今苦しんでいる。
足のけがで、もう一年以上試合に出れていない。
サッカー選手にとって1年間は10年に値する時間だ。
日々、悶々と暮らしておられるだろう。
しかし、今が踏ん張り時だ。
怪我をしている最中にもできることはたくさんある。
サッカーは頭脳のスポーツだから、インテリジェンスを向上させること。
いろんな人への感謝を深めること。
サッカー現役時代を終えた時の人生の過ごし方について考えること。
私は、内田選手の怪我が治ると信じているが、治ったとしても、先はそんなに長くない。
30代からのプランを考えておくべきだ。
人生は短いようで長い。
こんな怪我をした時には、いろいろ考えるチャンスだ。深く考える時間にしてほしいと切に願う。
私も20代に3年間引きこもったことがある。
その経験からそう思います。

無題

広島ブログ



コメントをどうぞ

Spam Protection by WP-SpamFree

▲ページの先頭へ戻る