広島のデイサービスなら楽園 > ブログ > 官僚は間違えないが日本は衰退していく

官僚は間違えないが日本は衰退していく


官僚は無謬だ。無謬とは、間違わないこと。
日本の官僚は間違わない。
これは、本当に間違わないのではなく、間違いを認めないということだ。
一番わかりやすいのは、日本の刑事裁判は検察が起訴したら99.9%有罪になる。
そして、基本的には再審は認められない。
人間は多くの間違いを犯すが、官僚は間違いを犯さないということになっているのだ。
もちろん、間違いを犯さないのではなく、間違いを認めないだけだ。
間違いを認めると、官僚の威信に傷がつくし、自分の先輩の間違いを指摘すれば、自分の出世に傷がつくし
組織にも傷がつく。だから、間違いを隠ぺいする。
裁判所以外の省庁は、失敗を政治家のせいにする。
いい政策を立案したが、政治家が無視したとか、実現できなかったという理由で、無謬性を維持する。

そんなことをしているうちに日本はどんどん衰退していく。

0d40a5e4a645fc6b96e767d64ac0878e-10

広島ブログ



コメントをどうぞ

CAPTCHA


▲ページの先頭へ戻る