広島のデイサービスなら楽園 > ブログ > 理系に学ぶ

理系に学ぶ


以前も書いたが、私には、今時、文系理系を分ける意味がわからない。
どっちも必要に決まっているのだ。
もちろん、専門はどちらかの方向に決めるのは当然だ。
しかし、両方の基礎的部分は、すべての人間が学ぶべきだと思っています。
これからの時代、文系が数学ができないとか、理系が哲学歴史がわからないでは話にならない。
教養、リベラルアーツはすべての人の基本になってくる。
この本はそのことに関する対談だ。
川村元気氏が、理系と言われる人々を訪ね、対談している素晴らしい本です。

特に、自分は文系だから理系はわかんねーよという方はぜひ読んでみて下さいませ。

無題広島ブログ



コメントをどうぞ

CAPTCHA


▲ページの先頭へ戻る