広島のデイサービスなら楽園 > ブログ > 謝罪ではなく祈りを

謝罪ではなく祈りを


アメリカに謝罪を要求したい気持ちはわかる。私も本当はそうだ。
しかし、アメリカが国家として謝罪できない状況もよくわかる。
アメリカ国内には、いろんな利害関係がありすぎて、謝罪は想像を絶するくらい難しい。
もしかすると、オバマ氏本人は謝罪したいのかもしれないが、大統領の立場で謝罪するのは難しい。
成熟した大人の国である日本は、そこを深く理解してあげないといけない。
慮ってあげないといけない。
だから、謝罪でなく「祈り」でいいのだ。
広島に来て、被爆者に「祈り」を捧げるだけでいいのだ。
みんなで祈りを捧げる。そして、資料館で「事実」をしっかり見る。
これだけで十分だ。
私は、そう思う。すべてはいっぺんには進まない。何でもそうだ。
確実な前進があれば、それは素晴らしいことだと思います。

謝れ謝れを言いすぎて亀裂が入るより、相互理解を進展させることが大事だと思います。
無題

広島ブログ



コメントをどうぞ

CAPTCHA


▲ページの先頭へ戻る