広島のデイサービスなら楽園 > ブログ > みちのく未来基金      絶望を希望に変える

みちのく未来基金      絶望を希望に変える


みちのく未来基金とは「震災遺児を対象とした、返済義務のない奨学金制度の運営団体」である。
年間300万円を上限として、両親もしくはどちらかの親を震災によって亡くした子供に対して、大学や短大、専門学校などの学費が卒業まで給付される。

これは2011年10月にロート製薬、カルビー、カゴメの3社が立ち上げた奨学金事業だ。
なんと素晴らしい基金だろう。
震災に会い、絶望していた子供にこの基金は希望を与えた。
親がいなくても、金なくても、学ぶ意欲さえあれば、自分の思い通りの人生を歩めるのだ。
なんと素敵なことだろう。
私は、日本にこんな素晴らしい企業があることを誇りに思う。

舛添さん、政治家の貴方が自分ばかり贅沢している場合ではないです。

img_csr_logo広島ブログ



コメントをどうぞ

CAPTCHA


▲ページの先頭へ戻る