広島のデイサービスなら楽園 > ブログ > 法律的に問題ない   舛添要一氏

法律的に問題ない   舛添要一氏


舛添東京都知事が何度もこう繰り返した。
そうではないのだ。国民は、都民は「法律的」な話だけを聞いているのではないのだ。
日本の中心を預かる、東京を預かるに足る人物であるかどうかを見ているのだ。
どんな人生観で、どんな価値観で、都政を運営しているかを見ているのだ。
舛添氏は自分が訴追から逃げるために、それを「法律問題」に矮小化した。
「法律」は人間社会の一部に過ぎない。人間の一部に過ぎないのだ。
今の世の中で、国民は毎年の負担増で疲弊している。毎年、どんどん負担が増えているのだ。
たしかに、東京都は日本でダントツに裕福な都市だ。
しかし、その中でも貧しい人はどんどん貧しくなっている。
その人々への優しさや気遣いがまったくないことが問われているのに、法律問題だけに話を終始させた。

国民は法的責任に関する答弁を聞きたかったわけではなく、都知事が信頼に足る人間なのかを見ていたのだと私は思う。

無題

広島ブログ



コメントをどうぞ

CAPTCHA


▲ページの先頭へ戻る