広島のデイサービスなら楽園 > ブログ > 朝三分間のデカルト

朝三分間のデカルト


デカルトはすごい。どう考えても17世紀の人とは思えない。
まるで今生きているようだ。
この「朝三分間のデカルト」は、哲学者デカルトの思想思考を、毎日の生活に活かそうというコンセプトの本だ。
現代は、情報量が多く、みんな一日中スマホをいじっている。
そんな中で、どんどん、何が大事なのか?問題の本質は何なのか?がわからなくなっている。
そんな時には、デカルト師匠を頼りにしよう。
彼は言う、世界は複雑だ、その複雑なまま考えてしまうと、どんどん混乱する。だから、複雑なものを単純なものに
まず分けてみようと。そして、単純なものの組み合わせとして、世界を認識してみることを教えてくれる。
人は、迷ったり、悩んだりすると、わけわからなくなる。
そこで、まず、問題を分解してしまうのだ。そうすると、実は単純な問題の組み合わせかもしれない。
皆さまも、朝三分間、こんなことを考えてみるといかがでしょう。
意外と、複雑そうな問題も、単純な問題の複合であり、それで、悩んでいるだけかもしれません。

無題広島ブログ



コメントをどうぞ

CAPTCHA


▲ページの先頭へ戻る