広島のデイサービスなら楽園 > ブログ > 脱サラリーマン的生き方

脱サラリーマン的生き方


日本人のほとんどはサラリーマンだ。
これはいい悪いではなく事実。自営業なんてほとんどいない。
最近までの日本は、国家自体が上り調子で、企業も上り調子だった。そんな環境だったので、企業に入り、集団の中で生きたほうがメリットが多かった。
集団の中で愚痴を言いながら我慢し、内部の不正を隠し、定年まで生きるほうがメリットが多かった。
しかし、今はまったく環境が違う。
国家は少子高齢化で下がり調子、借金は1000兆円を超え、大企業がどんどん衰退していっている。
こんな時代には、サラリーマンであっても、いつでも「脱」できるように生きなければ危ない。
「脱」とは個人で生きていくことだ。
これは企業をやめようという意味ではなく、企業内集団内でも「個人」として生きるという意味だ。
企業内で不可欠の存在であるとか、能力をあげて、企業とある意味対等に渡り合えるようにすることだ。
具体的には上司と対等に話せたり、もし退社する場合には、ライバル企業からすぐに声がかかるレベルに自分にすることです。
無題
広島ブログ



コメントをどうぞ

Spam Protection by WP-SpamFree

▲ページの先頭へ戻る