広島のデイサービスなら楽園 > ブログ > あたたかいお父さんに会いたい   今日も引きこもり相談

あたたかいお父さんに会いたい   今日も引きこもり相談


日々、引きこもり相談していると、「あたたかいお父さんに会いたいな~」と思う。
毎日会うのは、体の冷え切った、自分自分のお父さんばかりだからだ。面談に来ない人は論外だが、面談中に寝てたり、目を閉じてたり
あくびしたり、一言も発言しなかったり、何の提案もなくお菓子ばかり食べたり・・・・・・あげればきりがないが、いったい誰の子供の問題を話し合ってるのだろうか
と思うことが多い。しかも、10年、20年引きこもっている深刻なケースが多く、ほとんど回復は不可能なのに、なんの切迫感もない。
まさに他人事のようだ。これでは、子供もお父さんに絶望する。私も絶望し、時間の無駄なので面談を断るくらいだ。
今まで、本当に馬鹿馬鹿しくなって数名お断りした。
お母さんはあたたかすぎる。あたたか過ぎて甘すぎる。子供が通る道を舗装して歩く方が多い。
そして、怪我をする前からバンドエイドをはるような方がいる。あとは、他人任せなお母さん。自分がすべての責任を負わず、すぐに「どうしたらいいですか?」と聞いてきたり、なんとか頼ろうとする。これでは解決できない。
まあ、一番の問題は冷え切ったお父さん。こんなお父さんの子供は必ず冷え切っている。まさに双子なのだ。

お父さん、あたたかくなって下さい。あたたかくなるとは、子供に気持ちと時間を膨大にかけること。もちろん自発的に。言われてやることは無駄です。

無題
広島ブログ
広島県広島市 ブログランキングへ



コメントをどうぞ

CAPTCHA


▲ページの先頭へ戻る