広島のデイサービスなら楽園 > ブログ > 老人性うつを考える

老人性うつを考える


人は、年を取るにつれて悲観的になる。
これは死が近づいてくるのだから、ある意味仕方ないし、当然だと思います。
死が近づくにしたがって、どんどん元気になる方がおかしい。
だから、まわりは、年を取った人が悲観的なことを言っても、温かく受け止めてあげてほしい。
みんな通る道だ。
どんどん体力が落ち、精神的にも暗くなるわけだから、愚痴も言いたくなる。
こんな時には聴いてあげてほしい。
いつか、自分もそんな時が来る。未来の自分と話すつもりで、聴いてあげて下さいませ。

fig-03-03

広島ブログ



コメントをどうぞ

Spam Protection by WP-SpamFree

▲ページの先頭へ戻る