広島のデイサービスなら楽園 > ブログ > 国家地方民営化論

国家地方民営化論


これは本当に国家や地方自治体を民営化しようという話ではありません(笑)それは無理でしょう。
本当の意味は、公務員はサービス業と同じくらいのレベルまでサービスを向上させるべきという意味です。
公務員も、いつも市民と接している部署はサービス業にどんどん近づいてますが、そうではない部署の対応は
ひどいです。
電話対応、窓口対応・・・・・・・・・ひどすぎる。電話で声を聴いた瞬間、高圧的な匂いがします。
これは、そこの部署が閉じた仕事しかしてないからだと思います。
閉じているので、丁寧な対応をする必要もないし、サービスを向上させる必要もない。
そして、そこで働く人は、どんどん退化していきます。
なんか、社会主義国の役所と話している感じです。

広島市や広島県もまさにそうです。

無題



コメントをどうぞ

CAPTCHA


▲ページの先頭へ戻る