広島のデイサービスなら楽園 > ブログ > 日本は本当に死ぬ     子供の声がうるさい

日本は本当に死ぬ     子供の声がうるさい


声がうるさいからという理由で、保育園が開園できなくなった。
これには賛否があるだろうが、子供の声をうるさく感じる社会に未来はないと思います。
これは、自分の今の環境>未来  という判断。
これが正しい間違いではなく、自分の今の環境が何より大事であり、未来のために我慢はしたくないということ。
これでは、日本は終わる。
これは、日本は自分の世代で終わっていい、自分の人生だけを大事にするという意志だと思います。

この衝撃は大きい。
日本人はどんどんノイズに弱くなり、自分の聴きたい音しか聴きたくなくなっているのでしょう。

子供の声は未来への希望ではなく、ノイズだという判断です。

他にも、道路の問題等があるそうですが、話し合いすらできないというのは、日本はいつのまにこんなに狭い了見の国に
なってしまったのかと絶望的な気分になります。

71SLKu61hpL



コメントをどうぞ

CAPTCHA


▲ページの先頭へ戻る