広島のデイサービスなら楽園 > ブログ > 若者を救う制度はほとんどない

若者を救う制度はほとんどない


あることはあるが、とても手薄い。
高齢者はとても手厚い。(それでも不備がたくさんある)
高齢者でも不備がたくさんあるのだから、若者のための制度はないも同然だ。
昔のように大家族だったり、共同体が健全だったら、いろんな援助もある。
しかし、今の家族は壊れている場合が多いし、共同体も壊れている。
こんな状態で、何か問題が起こった場合、若者を救済する方法がない。
とりあえずあるのは、生活保護くらいだ。これも敷居は高い。
ハローワークも仕事の相談オンリーだ。

特に地方に行くと、ハローワークに行って、行き詰ると、もう生活保護しかない。
なんの支援もないのだ。

若者を支援しない社会に未来はない。これは、高齢者も含めすべての人がきちんと理解しなければならない点だと思います。

無題


広島県広島市 ブログランキングへ



コメントをどうぞ

Spam Protection by WP-SpamFree

▲ページの先頭へ戻る