広島のデイサービスなら楽園 > ブログ > 救急医 驚異の判断力 角由佳著

救急医 驚異の判断力 角由佳著


素敵な本です。
現場の救急医が、今の苦しみ迷いいろんな感情を赤裸々に書いておられます。
専門化の進む現代で、救急医はその方向に逆行した存在。
運ばれてきた患者をすべて診て、判断しなければなりません。
こんな状況は誰が考えても過酷。しかも、圧倒的に人が足りません。
神でもない人間が、そんな状況で判断し、責任をとっていくことに感動を覚えました。
ドラマのように「神のような」ドクターはいません。
みんな迷いながら、ある時は深い感情移入をしながら、働いている姿に涙しました。
もし宜しければ、一読下さい。
人間が迷いながら、全力で命がけで生きる姿に、勇気づけられることでしょう。

無題

広島ブログ



コメントをどうぞ

CAPTCHA


▲ページの先頭へ戻る