広島のデイサービスなら楽園 > ブログ > 父の背中  父の言葉       今日も引きこもり相談

父の背中  父の言葉       今日も引きこもり相談


時折、亡くなった父の背中や言葉を思い出す。
背中は、末期の肝臓がんに侵されて、小さくなった背中。
言葉は、母に向かって「お前が羨ましいよ。修(私)の明るい未来を見ることができて」というものです。
今の私が「明るい未来」かどうかはわかりませんが、父が亡くなった時よりはマシになっています。
昨日は父の誕生日。
そんな時に、いろんなことを思いだします。

皆さんも、子供が危機にある時、父親の背中を見せてあげて下さい。
命すら投げ出すという覚悟を見せて下さい。
oyajinosenaka



コメントをどうぞ

CAPTCHA


▲ページの先頭へ戻る