広島のデイサービスなら楽園 > ブログ > 人の光になる    闇の中の20代

人の光になる    闇の中の20代


私は小さな光になろうと意識している。
なれているかどうかはわからないが、そう思っている。そう思い込んでいる。
私のような人間は大きな光にはなれない。
しかし、人は暗闇の中で、少しの光があれば生きていける。
少しでも光があれば、歩く方向がわかるのだ。
そんな光になりたいと思い生きてきた。それは、私が20代に光を求めていたから。
ある時期、真っ暗闇を生きていた感覚を持っているからだ。
僭越ですが、皆さんも、まわりの人の光になるようにしてみて下さい。
大げさなことではなく、声を掛けたり、ほんの少し気配りするだけのことです。

yjimageK0WGFV6H



コメントをどうぞ

CAPTCHA


▲ページの先頭へ戻る