広島のデイサービスなら楽園 > ブログ > 本人   両親    第三者    今日も引きこもり相談

本人   両親    第三者    今日も引きこもり相談


この三者の力が合わさった時に大きな変化は起こる。
しかし、この三者の力はいろんなケースで違う。本人の力が強いケース(私の場合はこれだろう)、両親の力が強いケース(本当に両親が命懸け)
本人の力が弱いケース(虐待等で弱っている)、両親の力が弱いケース(父親が無関心で自分のことばかり)、第三者がいないケース・・・・・
いろんな組み合わせが考えられる。しかし、この三者の力を上げていく以外に解決への道はない。
それの鍵を握るのは両親だ。まずは両親が命懸けにならないと無理だ。両親そろっている場合は二人共だ。だいたいは、両親の片方は片方に
依存し、手を抜いている。これでは無理。両親2人が命懸けなことが解決へのスタートラインだ。それを前提に、本人の力を徐々にアップし、第三者が
背面、側面から参謀的な役割を果たしつつサポートする。これが私の役割。めちゃくちゃカッコよくいうと黒田官兵衛ですな(苦笑)あとは、本人にどの程度主体的力量があるかによる。虐待や親に抑圧を受けた子供は、この力が
弱い。自分で思考できなくなっている。だから、その分、両親の力を大幅に増量しなければ無理だ。これは親が抑圧していたのだから仕方ない。

無題広島ブログ
広島県広島市 ブログランキングへ



コメントをどうぞ

CAPTCHA


▲ページの先頭へ戻る