広島のデイサービスなら楽園 > ブログ > 介護給付の巨額不正受給事件   in 広島

介護給付の巨額不正受給事件   in 広島


広島であい・のぞみ株式会社が2億円以上の不正受給をしていたというニュースが飛び込んできた。
いやーひどすぎる。架空にもほどがある。
絶句だ。
こんなことをされると、すべての介護事業者が疑われるし、介護業界自体が信頼を失う。
今回、広島市がきちんと調査してくれたことを嬉しく思う。こんな調査はどんどんやってほしい。
まだまだ大きな不正をやっている事業所はあるだろう。どんどん厳しくやってほしい。
透明度が高く、不正なんかできないシステムをつくってほしいと切に願う。
デイサービス楽園としては開業した12年前から、ケアマネジャーを自社に置かず運営している。
はっきり言って、自社にケアマネがいた方が、いろんな意味で楽だ。
しかし、運営の透明度を100%にするため、自社には置いていない。
これが楽園の流儀だ。
介護業界がガラス張りになり、お客様に「完全な選択権」がある時代がくることを願ってやみません。

Ú‘ҁA‹à•ic‹ÆŽÒ‚ªU¨



コメントをどうぞ

Spam Protection by WP-SpamFree

▲ページの先頭へ戻る