広島のデイサービスなら楽園 > ブログ > たくさん嘘をついた方が得だ

たくさん嘘をついた方が得だ


泣いたら許されるじゃん、黙っていたら許されるじゃん。

こんな風に、若い人が考えるようになったら絶望的だ。
きちんと積み重ねる地味な作業から、みんな逃避してしまう。そんな作業より、嘘ついたらいいじゃん。
嘘ついてばれたら、泣いて謝ればいいじゃんということになる。
本当にそんなことでいいのだろうか?
多くの人がスポーツが好きなのは、そこに嘘がない、もしくは少ないからだ。
そのことが、多くの人をスポーツに引き寄せる。
真面目な積み重ねがあるから、みんなスポーツを見るのだ。
たくさん嘘をつき、泣いたり、黙ったり、逃げたりする人を認めてはいけない。
認めるべきは、真摯に生きている人だ。

私は、大いなる嘘つきより、サッカーの岡崎選手の「泥臭さ」を敬愛する。

20150825171107



コメントをどうぞ

CAPTCHA


▲ページの先頭へ戻る