広島のデイサービスなら楽園 > ブログ > アレフに毎年100人

アレフに毎年100人


これは深刻だ。アレフに毎年100人入ることが問題だけではなく、社会から毎年100人アレフの方に行くことが問題だ。
アレフとはオウム真理教の後継団体。
オウムとは地下鉄サリン事件等で、大勢の人を殺害した団体だ。そこに、毎年100人入る。
それほどまでに、日本社会には魅力がないのだ。苦しいのだ。
私はここに一番の問題を感じる。

今の日本には息苦しさを抱え、生きる意味を見いだせない人がたくさんいる。これはアレフをいくら叩いても解決する問題ではない。

日本の社会を魅力があり、希望に溢れ、いろんな人が住みやすい状態にしない限り、日本社会からの離脱は続くだろう。

無題

無題



コメントをどうぞ

CAPTCHA


▲ページの先頭へ戻る