広島のデイサービスなら楽園 > ブログ > 大事なのは、少しの勇気

大事なのは、少しの勇気


何かを変えるには、能力はいらない。
大事なのは勇気。勇気をだして、何かに飛び込めば、能力は後からついてくる。

まずは何かをしてみること。この一歩がでるかどうかが大事だ。
引きこもりから元気になっている人は、こんなことができた人だ。
そして、親が背中を押して、親自身が背水の陣を引けたかどうかが決定的。
親が、背水の陣を引けずに、失敗したら、すぐにフォローしているようでは、何事も上手くいかない。
親がこれで最後。もう絶対に後ろに引かない覚悟があれば、確実に成功します。
これは、私の経験からも明らかです。
うまくいくかいかないかは、勇気。それも、子供の勇気ではなく親の勇気。
親の腰が引けていては、その時点で失敗確定です。

親が自分を大切にしているかぎり、大きな変化は見込めません。

無題



コメントをどうぞ

CAPTCHA


▲ページの先頭へ戻る