広島のデイサービスなら楽園 > ブログ > 孤独のグルメ  仕事の流儀

孤独のグルメ  仕事の流儀


主人公の井之頭五郎がドラマの中で、1000万円の仕事を即座に断った。
その理由は、依頼人に(五郎は輸入雑貨の仕入れをしている)、「内容なんてどうでもいいからあんたに任せる。税金対策なんだ。内容はどうでもいい。それで1000万の仕事ができるんだ。楽でいいじゃん」みたいなことを言われたからだ。
よくぞ断った。ドラマながら深く共感した(笑)
私のところにも、年に数回くらい、引きこもり関係では「息子を家から出してくれたら1000万やる」とかコンサル関係では
「一緒に高齢者騙しませんか?金持っている高齢者から100万くらいもらってもいいじゃん」みたいな相談?依頼?がくる。もちろん即座に断る。
そんなやり方でお金を儲けても仕方ない。自分を信頼できなくなります。一度自分への信頼を失ったら取り返しがつかないと考え
即座に断ります。変な金の稼ぎ方をしたら、私が卑しくなるし、暗くなるし、陰ができます。

自分が信じる仕事を、自分が信じるやり方でやることが、私のポリシー。
曲げるくらいならやめます(笑)

61peUNy4LGL__AC_UL320_SR228,320_



コメントをどうぞ

Spam Protection by WP-SpamFree

▲ページの先頭へ戻る