広島のデイサービスなら楽園 > ブログ > 奇跡を望むなら・・・      今日も引きこもり相談

奇跡を望むなら・・・      今日も引きこもり相談


引きこもりが長期化してくると、様々な他の要因の問題がでてくる。
精神的な病を発症したり、体力が著しく低下したり、職歴があきすぎて就職が難しくなったりしてしまう。
そして引きこもり期間が10年 20年になると、元気に生活できるようになったり、働けるようになったりするのは、本当に難しい。
実際は不可能に近くなる。しかし、不可能ではない。元気になられたケースが存在する。
それには、奇跡を起こすこと。奇跡というと神がかっているが、人事をすべて尽くして天命を待つことだ。
大事なことは人事をすべて、本当にすべてやること。一つも残らずすべて。
その時、初めて奇跡は起きる。引きこもりの場合は、神ではなく、子供が見ているのだ。
本当に奇跡を望むなら、すべてをやることだ。それはうまくいくかいかないではない。とにかくすべてをやるのだ。

親にやり残したことがあると・・・・・残念ながら奇跡はない

無題広島ブログ
広島県広島市 ブログランキングへ



コメントをどうぞ

CAPTCHA


▲ページの先頭へ戻る