広島のデイサービスなら楽園 > ブログ > 「仕事の技法 」 田坂広志著

「仕事の技法 」 田坂広志著


この本で一番大事なことは「深層対話」である。
これは表層的なコミュニケーションではなく、深いコミュニケーションのことだ。
例えば、「お元気ですか?」という言葉がある。皆さんも、よく使われるでしょう。
しかし、この単純な言葉でも、使い手によって意味がまったく異なる。
ただただ、「お元気ですか?」と表層的に言う人と、相手のことを本気で気にかけながら言うのではまったく違うのだ。
相手にはすべてわかる。
極論すれば、相手のことを思い、相手のことをずっと考えていれば、言葉をかけなくても分かる。
空気や非言語で伝わるのだ。仕方なく考えていることもすべて伝わる。
これが「深層対話」だ。
「深層」でつながっていれば、「表層」で喧嘩していてもいい。それはお互いにわかる。
最悪なのは、「表層」だけの関係だ。何か話しているかのように見えて中身は何もない。

無題



コメントをどうぞ

CAPTCHA


▲ページの先頭へ戻る