広島のデイサービスなら楽園 > ブログ > プラグマティズム    解決に役立つすべての知識や経験を使う

プラグマティズム    解決に役立つすべての知識や経験を使う


日本で哲学と言えば、ドイツ、フランス、イギリスなどの国を思い浮かべるだろう。人で言えば、ヘーゲル カント フーコー  デリダ  ・・・・・・
いろんな哲学者がいる。アメリカにもアメリカ独自の「哲学」があることを皆さんはご存じでしょうか?
それが「プラグマティズム」  日本では「実用哲学」みたいに訳されていますが、極めて意訳すれば「問題解決するためなら、なんでも利用するし
妥協でもなんでもする」考え方です(哲学に詳しい方すいません。無理やりな意訳なのはわかってます)
「哲学」というのはずっと「真理」なるものを目指してきました。どこかに「絶対的真理」なるものがあり、それを見つけるのが「哲学」だと。
しかし「プラグマティズム」は「真理なんてどうでもいいじゃん、問題解決して、みんなが平和に仲良くいれたらいいじゃん、譲れるところは
全部譲るから、みんなも譲ってね。ぼちぼちでいきましょうや」という思想(専門家の方雑ですいません)です。
私も実務家としていろんな紛争を仲介してきましたが、とても役に立つ考え方です。
現代の価値観が多様化し、複雑化した状況ではとても大事な物の見方になってくると思います。
宜しければ参考にしてみて下さい。

個人も国家も「真理」や「正しさ」を掲げたら戦争になります。

無題


人気ブログランキングへ
広島ブログ



コメントをどうぞ

Spam Protection by WP-SpamFree

▲ページの先頭へ戻る